メンズの財布は年代ごとにブランドにこだわるのが正解

20代から持って正解のファッション長サイフ

20代男性は、学生時代から使い続けているカジュアルなウォレットや、社会人になる時に揃えた地味目のビジネスサイフを使っている人も多いはず。でも、20代こそ使いたいのがファッション性の高いオシャレな長サイフです。メンズブランドでもビビッドカラーの長サイフがありますので、さりげなくデニムのポケットに突っ込んで様になるものがオススメ。表面はオーソドックスでも開くと中がビビッドという隠れオシャレもあるので、支払いの時に存在感が輝くこと間違いなしです。若いうちはあまりそちらに目が向かない男性も少なくありませんが、良いサイフを持つことはお金を大事にすることにもつながります。そろそろこれからの生き方も意識して良い年齢ですから、是非、自分に弾みをつけてくれるようなものを見つけましょう。

30代からの財布は高級感を目指して正解

30代は、そろそろ社会的に洗練されたところをアピールするためにも、高級感あるブランド製品を狙っても良い年齢。カジュアルなタイプではなく、少々高くても欧州伝統のブランドなどを狙うのも良いタイミングでしょう。特に、伝統の革職人がハンドメイドスタイルで技を光らせた逸品などは、ビジネスの場でもプライベートの場でも周りの目を惹くことは間違いなし。選ぶ時には見た目が派手なものではなく、質が高いものを選ぶのがポイントです。見る人が見れば良いものはすぐに分かりますので、しっかり個性を持って社会生活を送っている人材だという周りの評価にもつながります。たかがサイフ、されどサイフ。これからの自分に投資するつもりで、ワンランク上の財布を手に入れるのがオススメです。

40代50代はシンプルなこだわりの逸品を選ぶ

40代50代男性と言えば、社会的に責任ある仕事を任されている人も多い年代。成熟した自分に見合う大人のメンズ財布を選ぶなら、あえて国内製品の逸品を選ぶのも渋い選択です。カジュアルなスタイルにもビジネススーツにも合う、シンプルで存在感のある革製品がオススメ。常に人に見せるようなものではないからこそ、ふと手にした時に重みのある存在感を放ってくれるものが一番です。良いものは使い込むごとにエイジングされて、自分だけの深みを増して行くので、他にはないこだわりのツールに変化して行きます。革製品は買う時はまだまっさらな状態なので、育った後のグラデーションなども想像して選ぶのが一つの楽しみ。心に響くメンズならではの一品を見つけ出しましょう。

記事一覧